悠仁さまの進学先は?学習院に編入を申し入れるも…。。 〔お茶の水女子大附属小学校~3年生~同級生保護者〕

1 :朝まで名無しさん:2015/09/02(水) 19:48:29.73 ID:t6KOUnF9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/PFoDX9u.png 紀子さま決断!悠仁さま宿命の中等科進学へ 「冷戦7年目」に学習院“全面降伏”!
〈女性自身9月15日号〉

9月に入り、お茶の水女子大附属小学校に通う秋篠宮家の長男・悠仁さまの、3年生の2学期が始まった。6日には9歳を迎えられるのだが、同級生保護者からは、こんな気の早い話が出てきている。
「いま男子の保護者の間では、『進学塾はどこがいいのか?』『大学進学率の高い学校は?』ということが、いちばんの関心事になっています。
 附属高校は女子のみなので、男子は高校受験を余儀なくされます。ならば、中学の段階で6年間を通して大学受験に向けてのカリキュラムが組まれている“中高一貫校”に行かせようと、この頃から親が準備を始めるのです」
 大手進学塾の講師も中学のお受験事情をこう解説する。
「かつての中学受験は小5から始めるのが主流でしたが、今は小4が大多数です。しかし、開成、麻布、武蔵のような中学受験の御三家を狙うような子どもたちの20パーセントは小3から塾通いを始めます。
 悠仁さまも受験を考えられるのなら、この時期がベストだと思いますよ」
 しかし、皇室ジャーナリストの松崎敏弥さんは、
「中学受験などナンセンスです。悠仁さまは皇位継承順位で3位。将来、天皇となられる立場のお子様です。
 受験とはいえ、他者を蹴落とす競争倫理に巻き込んでいいものでしょうか。悠仁さまのお立場に似つかわしいものとは思えません」
 その言葉を裏付けるように、学習院関係者が、今後の悠仁さまの進路について、重い口を開いてくれた。

【続く】

平昌五輪:内紛の「生中継」、スケート女子に国民の怒り沸騰

【雅子妃】どうしてこんなに差がついた?【紀子妃】。 〔変化~悠仁さま~名無し〕

1 :朝まで名無しさん:2012/07/09(月) 19:43:02.04 ID:yxHSkfjV

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JCKp4Lr.png 慢心、環境の差…
( ´∀`)雅子さまのハツラツ (´・ω・`)紀子さまの憂鬱

週刊文春(2011/08/25)
<紀子さまの憂鬱、雅子さまのハツラツ 宮内庁職員が「秋篠宮家には異動したくない」。なぜ境遇に変化が…>�@
「昨夏、週刊誌に悠仁さまのグラビアが掲載された際、紀子さまが皇宮警察に
『将来の天皇に何かあったらどうするのですか』と遺憾の意を伝えられ、
所轄署も注意を受けました。お茶の水女子大学付属幼稚園の周辺は警備が厳重になり、
通りがかりの主婦が遠くから見ているだけでも、両脇に警官が立ち、名前や住所を
職務質問するほどです」(警察関係者)
 
 紀子さまを支える側近の筆頭格ともいえる侍女長が退任した一件で、にわかに
注目された秋篠宮家(週刊新潮8月11・18日号)。震災の影響で、三月に
予定されていた悠仁さまの取材の機会はキャンセルになり、いまだに“皇族の七五三”
と言われる「着袴の儀」の予定も決まっていない。
 そういった事情もあるのか、宮内庁関係者から「紀子さまが、以前にもまして
一つ一つのことに気を揉んでおられる」という声が洩れ聞こえてくる。
 かつて秋篠宮付だった元職員はこう証言する。
「秋篠宮両殿下はとても気のつく方々ですから、ご要望も多いのです。例えば、
過去の妃殿下は台所に立つということはほとんどなかったのですが、紀子妃殿下は
御料牧場などから届けられた肉や卵の鮮度をご確認なさって『お願していたものと
違います』と仰ったり、ご家族の誕生日の際に、招待する方の順番や、その際の手順に
不手際があると後からご意見を述べられる。我々が良かれと思ってやったことが
裏目に出てしまい、行き違いが生じることがあるのです」
 皇宮警察間にも戸惑いの色があるという。前出・警察関係者はこう話す。
「(冒頭のように)悠仁さまのご通園時の警備体制については、とくに紀子さまの強い
ご憂慮が伝わってきます。最近では皇宮警察官が紀子妃殿下にお声をかけていただけず、
自分に落ち度があるのではと考えてしまうことがあるそうです」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1314719928366.jpg

佐川氏招致が焦点に 「森友問題」で与野党攻防

【皇室】悠仁さまの進学先は?学習院に編入を申し入れるも…。。 〔名無し~長男~冷戦7年目〕

1 :朝まで名無しさん:2015/09/02(水) 19:48:29.73 ID:t6KOUnF9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OBMcLha.png 紀子さま決断!悠仁さま宿命の中等科進学へ 「冷戦7年目」に学習院“全面降伏”!
〈女性自身9月15日号〉

9月に入り、お茶の水女子大附属小学校に通う秋篠宮家の長男・悠仁さまの、3年生の2学期が始まった。6日には9歳を迎えられるのだが、同級生保護者からは、こんな気の早い話が出てきている。
「いま男子の保護者の間では、『進学塾はどこがいいのか?』『大学進学率の高い学校は?』ということが、いちばんの関心事になっています。
 附属高校は女子のみなので、男子は高校受験を余儀なくされます。ならば、中学の段階で6年間を通して大学受験に向けてのカリキュラムが組まれている“中高一貫校”に行かせようと、この頃から親が準備を始めるのです」
 大手進学塾の講師も中学のお受験事情をこう解説する。
「かつての中学受験は小5から始めるのが主流でしたが、今は小4が大多数です。しかし、開成、麻布、武蔵のような中学受験の御三家を狙うような子どもたちの20パーセントは小3から塾通いを始めます。
 悠仁さまも受験を考えられるのなら、この時期がベストだと思いますよ」
 しかし、皇室ジャーナリストの松崎敏弥さんは、
「中学受験などナンセンスです。悠仁さまは皇位継承順位で3位。将来、天皇となられる立場のお子様です。
 受験とはいえ、他者を蹴落とす競争倫理に巻き込んでいいものでしょうか。悠仁さまのお立場に似つかわしいものとは思えません」
 その言葉を裏付けるように、学習院関係者が、今後の悠仁さまの進路について、重い口を開いてくれた。

【続く】

五輪スケート:高木美が銀メダル 女子1500

【雅子妃】どうしてこんなに差がついた?【紀子妃】。 〔境遇~02.04+ID~悠仁さま〕

1 :朝まで名無しさん:2012/07/09(月) 19:43:02.04 ID:yxHSkfjV

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5Uzam6N.png 慢心、環境の差…
( ´∀`)雅子さまのハツラツ (´・ω・`)紀子さまの憂鬱

週刊文春(2011/08/25)
<紀子さまの憂鬱、雅子さまのハツラツ 宮内庁職員が「秋篠宮家には異動したくない」。なぜ境遇に変化が…>�@
「昨夏、週刊誌に悠仁さまのグラビアが掲載された際、紀子さまが皇宮警察に
『将来の天皇に何かあったらどうするのですか』と遺憾の意を伝えられ、
所轄署も注意を受けました。お茶の水女子大学付属幼稚園の周辺は警備が厳重になり、
通りがかりの主婦が遠くから見ているだけでも、両脇に警官が立ち、名前や住所を
職務質問するほどです」(警察関係者)
 
 紀子さまを支える側近の筆頭格ともいえる侍女長が退任した一件で、にわかに
注目された秋篠宮家(週刊新潮8月11・18日号)。震災の影響で、三月に
予定されていた悠仁さまの取材の機会はキャンセルになり、いまだに“皇族の七五三”
と言われる「着袴の儀」の予定も決まっていない。
 そういった事情もあるのか、宮内庁関係者から「紀子さまが、以前にもまして
一つ一つのことに気を揉んでおられる」という声が洩れ聞こえてくる。
 かつて秋篠宮付だった元職員はこう証言する。
「秋篠宮両殿下はとても気のつく方々ですから、ご要望も多いのです。例えば、
過去の妃殿下は台所に立つということはほとんどなかったのですが、紀子妃殿下は
御料牧場などから届けられた肉や卵の鮮度をご確認なさって『お願していたものと
違います』と仰ったり、ご家族の誕生日の際に、招待する方の順番や、その際の手順に
不手際があると後からご意見を述べられる。我々が良かれと思ってやったことが
裏目に出てしまい、行き違いが生じることがあるのです」
 皇宮警察間にも戸惑いの色があるという。前出・警察関係者はこう話す。
「(冒頭のように)悠仁さまのご通園時の警備体制については、とくに紀子さまの強い
ご憂慮が伝わってきます。最近では皇宮警察官が紀子妃殿下にお声をかけていただけず、
自分に落ち度があるのではと考えてしまうことがあるそうです」
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1314719928366.jpg

選手村などにコンドーム配布、過去最多の11万個

悠仁さまの進学先は?学習院に編入を申し入れるも…。。 〔全面降伏~お茶の水女子大附属小学校~2学期〕

1 :朝まで名無しさん:2015/09/02(水) 19:48:29.73 ID:t6KOUnF9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lVqscZ7.png 紀子さま決断!悠仁さま宿命の中等科進学へ 「冷戦7年目」に学習院“全面降伏”!
〈女性自身9月15日号〉

9月に入り、お茶の水女子大附属小学校に通う秋篠宮家の長男・悠仁さまの、3年生の2学期が始まった。6日には9歳を迎えられるのだが、同級生保護者からは、こんな気の早い話が出てきている。
「いま男子の保護者の間では、『進学塾はどこがいいのか?』『大学進学率の高い学校は?』ということが、いちばんの関心事になっています。
 附属高校は女子のみなので、男子は高校受験を余儀なくされます。ならば、中学の段階で6年間を通して大学受験に向けてのカリキュラムが組まれている“中高一貫校”に行かせようと、この頃から親が準備を始めるのです」
 大手進学塾の講師も中学のお受験事情をこう解説する。
「かつての中学受験は小5から始めるのが主流でしたが、今は小4が大多数です。しかし、開成、麻布、武蔵のような中学受験の御三家を狙うような子どもたちの20パーセントは小3から塾通いを始めます。
 悠仁さまも受験を考えられるのなら、この時期がベストだと思いますよ」
 しかし、皇室ジャーナリストの松崎敏弥さんは、
「中学受験などナンセンスです。悠仁さまは皇位継承順位で3位。将来、天皇となられる立場のお子様です。
 受験とはいえ、他者を蹴落とす競争倫理に巻き込んでいいものでしょうか。悠仁さまのお立場に似つかわしいものとは思えません」
 その言葉を裏付けるように、学習院関係者が、今後の悠仁さまの進路について、重い口を開いてくれた。

【続く】

カーリング中部電、道銀が4強