悪質クレーム、コンビニ・スーパーなどで働く人の7割が経験 60代や70代が多く、暴言や罵倒を…。 〔暴言~trick~70%〕

1 :trick ★:2017/11/13(月) 01:04:38.16 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1cmVZZl.png 悪質クレーム 流通業で働く人の7割が経験 初の実態調査 | NHKニュース
11月9日 21時28分

スーパーマーケットや百貨店など流通業界で働く人の70%が客から暴言や説教といった悪質なクレームなどを受けた経験があると回答したことが労働組合が初めて行った実態調査でわかりました。組合側は「ここまで大変な思いをしているのかと驚いた。度を超えたクレームに対しては毅然(きぜん)とした対応を取るよう求めていきたい」としています。

この調査はスーパーマーケットや百貨店、コンビニエンスストアといった流通業界で働く人などの労働組合で作るUAゼンセンが、ことし6月から7月にかけて初めて行ったもので、全国の組合員5万人余りから回答を得ました。

それによりますと、仕事中に客から悪質なクレームなどの迷惑行為を受けたことがあると回答した人は3万6000人と全体の70%に上りました。

迷惑行為の内容について複数回答で尋ねたところ、回答した人のうち、「暴言」が49%の2万4100人、「同じ内容を繰り返す」が29%の1万4200人、「説教など権威的態度」が27%の1万3300人で、「セクシュアルハラスメントを受けた」という人もおよそ10%の4900人いました。

また、心身への影響について尋ねたところ、回答した人のうち90%近い3万3400人が「ストレスを感じた」と回答し、「精神疾患になった」と答えた人も359人いました。

中には「2時間にわたって正座させられ片方の耳が聞こえなくなった」という男性や、「客から腕で何度も胸をつつかれ、上司に報告したが、『大ごとになる』と対応してもらえず、体調を崩して精神疾患になった。私に人権はないのか」とつづった女性もいました。

UAゼンセン流通部門の安藤賢太社会政策部長は「流通業界は客と対面して接する機会が多く、長年、『お客様は神様だ』と言われてきたが、現場はここまで大変な思いをしているのかと驚いた。良心的な客がほとんどだが、度を超えたクレームに対しては毅然(きぜん)とした対応を取るよう企業に要請するとともに国に対しても法整備なども求めていきたい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011218061000.html

「森友」問題解明 佐川氏喚問が不可欠だ

【NTT東・西】フレッツ・ADSL、2013年1月にサービス終了 既に新規申込みは終了。 〔お知らせ~CAP_USER~trick〕

1 :trick ★:2017/11/30(木) 17:16:47.77 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/VGaL9dU.png 「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了等について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本
2017年11月30日

「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了等について

NTT東日本は、ブロードバンドサービス「フレッツ・ADSL」(以下、本サービス)について、「フレッツ光」提供エリアにおいて2016年7月1日(金)より新規申込受付を終了させていただいておりますが、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇が見込まれること、およびご利用者が年々減少しており、今後もこの減少傾向が見込まれることから、「フレッツ光」提供エリアにおきまして、2023年1月31日(火)をもってサービス提供を終了いたします。
本サービスをご利用中のお客さまにつきましては、「フレッツ光」もしくは「光コラボレーションモデル」※1の光アクセスサービスへの移行をご検討くださいますようお願いいたします。
また、2017年12月1日(金)の申込より、本サービスをご利用中で「フレッツ光」に移行されるお客さまは、「フレッツ光」の初期工事費等を無料といたします。
あわせて、当社以外の事業者さまの提供するADSLサービスをご利用中のお客さまにつきましても、合意した当該事業者さま※2のADSLサービスから「フレッツ光」に移行いただける場合、「フレッツ光」の初期工事費を無料といたします。

1.サービスの提供終了日

2023年1月31日(火)

2.提供終了となるサービス

「フレッツ光」提供エリアにおける
「フレッツ・ADSL」の全品目
モア�V
モア�V ビジネスタイプ
モア�V アドバンスドサポート
モア�U
モア�U ビジネスタイプ
モア�U アドバンスドサポート
モア
モア アドバンスドサポート
8Mタイプ
8Mタイプ アドバンスドサポート
1.5Mタイプ
1.5Mタイプ アドバンスドサポート
エントリー
http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171130_01.html

畑健二郎が声優・浅野真澄と結婚「まさかの“コミ結婚”ですよ(笑)」

【日中】中国スマホ首位OPPO(オッポ)、日本参入 18年春にも。 〔trick~市場~日本参入+18年春〕

1 :trick ★:2017/12/28(木) 15:27:49.41 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zpn9CgN.png 中国スマホ首位オッポ、日本参入 18年春にも  :日本経済新聞
2017/12/28 14:58日本経済新聞 電子版

 スマートフォン(スマホ)最大の市場である中国でシェア1位のOPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)が、日本に参入する。2018年春にも通信会社を自由に選べるSIMフリー端末の国内販売を始め、大手通信会社での採用も目指す。中国国内や新興国で販売を拡大してきた中国スマホが品質を磨き、プレミアム市場である日本に挑戦しはじめた。

 オッポはこのほど日本法人を設立した。4月までに「格安スマホ」を主力とする仮想移…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25201410Y7A221C1000000/?n_cid=TPRN0003

ダルビッシュ「6年163億円カブス決定」ここまでなぜずれ込んだ

人手不足で「労働者派遣事業者」の倒産増加か 賃金上げ、有期雇用から無期雇用に切り替える動き。 〔trick~05.82+ID~CAP_USER+人手不足〕

1 :trick ★:2017/08/19(土) 15:31:05.82 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Da453xQ.png 人手不足で「労働者派遣事業者」の倒産増加か | ZUU online
2017/08/15

人手不足で「労働者派遣事業者」の倒産増加か
人手不足の問題が深刻化する中、労働者派遣業界にもその影響が及びつつあるようだ。帝国データバンクが8月8日に発表した「労働者派遣事業者の倒産動向調査(2017年上半期)」によると、労働者派遣業の倒産件数は2年連続で増加している。本来、人手不足の状況は労働者派遣業の追い風となるが、深刻な人手不足が派遣する人材の確保も困難にしている実態が明らかとなった。

倒産件数、負債総額共に2年連続の増加
調査によると、2017年上半期(1月〜6月)の労働者派遣業の倒産件数は37件となり、前年同期の33件から12.1%の増加となった。上半期の倒産件数は2年連続となる。負債総額は前年同期比30.3%増の37億8300万円となり、こちらも2年連続の増加となっている。

年ベースで見ると、倒産件数、負債総額共に2014年を境に2年連続の減少を続けており、2016年は倒産件数57件、負債総額39億9600万円であった。2017年は上半期を終えた時点ではあるが、共に増加に転じる可能性が高い。帝国データバンクによると、2017年7月単月での倒産件数は6件となっており、通年では70件程度が見込まれている。また、負債総額に至っては、7月単月で4億7500万円となっており、1月から7月の累計で既に前年を上回っている。

景況感は良いものの、それ以上に深刻な自社の人手不足
本来であれば、人手不足が叫ばれる現在の環境は、労働者派遣業に追い風となるはずである。しかし、現在の深刻な人手不足は派遣する人材の確保も困難にしており、皮肉な事に人手不足が労働者派遣業界自体も苦しめているようである。

帝国データバンクによると、2017年上半期において、労働者派遣業界の景況感を示す景気DIは54.7と基準となる50を上回っている。国内平均が46.1と50を下回る中、業界としての景気は悪くない。

問題は深刻な人材不足にある。雇用の過不足を表す「雇用過不足DI」を見ると、労働者派遣業は非正社員で65.4と基準の50を大きく上回る。国内平均は54.9となっており、業界の大きな課題となっている。また、正社員の「雇用過不足DI」も62.1となっており、こちらも基準の50や国内平均の57.4を上回る。ここ数年、労働者派遣業の「雇用過不足DI」は高止まりしており、派遣スタッフや自社の正社員の確保に頭を悩ませている事が分かる。

労働者派遣業における人手不足の原因は、近年の雇用環境の改善が大きな要因となっている。厚生労働省が発表した2017年6月の正社員の有効求人倍率は1.01倍となり、2004年の調査開始以来、初めて1倍を超え、求人が求職者を上回る状態となっている。パートタイムを含めた全体の有効求人倍率は1.51倍となっており、こちらはバブル期の水準も上回り、高度経済成長末期以来の水準を叩き出している。労働市場は売り手市場となっており、派遣スタッフを希望する労働者が減少していると見られる。

大手は好調、中小零細は生き残りへの正念場
人手不足がのしかかる労働者派遣業であるが、その影響を大きく受けているのは中小零細業者であるようだ。冒頭の調査によると、2017年上半期の倒産件数37件の内、負債総額5000万円未満のものは26件となっており、その比率は70.3%に上る。負債総額5000万円未満の倒産が全体の7割を超えるのは、調査を開始した2008年以降で初となる。

対する大手は国内全体の人手不足を追い風とした事業運営を行っている。業界最大手であるリクルートホールディングス <6098> が8月10日発表した、2018年3月期第1四半期決算によると、同社の国内人材派遣事業の売上高は前年同期比12.6%増の1257億円となっており、好調だ。テンプホールディングスから社名変更したパーソルホールディングス <2181> の2018年3月期第1四半期決算でも、人材派遣事業の売上高は前年同期比10.4%増の1174億円となっている。

大手では派遣スタッフの人材確保に向け、賃金を上げる動きも進んでいる。また、一部では派遣スタッフの契約を従来の有期雇用から無期雇用に切り替える動きも出ている。大手が資金力や知名度を活かした人材確保に動く中、中小零細は非常に厳しい戦いを強いられている。人手不足の問題は簡単に解決する問題では無い。労働派遣業は人材を確保出来た者のみが生き残れる消耗戦に入っていく可能性もある。中小零細の人材派遣業者は特色を出していく等、生き残りに知恵を絞らなければならない。(ZUU online編集部)
https://zuuonline.com/archives/167375

入院医療から在宅医療へ リハビリ病棟への転換促進 介護との連携に加算、診療報酬改定まとまる